囲碁で大事な「連絡」について

GO

囲碁で大事な連絡について

「連絡」は囲碁で大変大切な事です。
「1に連絡、2に中央に出る、3に生きる」と囲碁を習い始めの頃に教わりました。
対局中幾度なく切られて石が取られた事があったりした経験は、囲碁をやったことがある人は皆経験していると思います。
この「連絡」について初心者に丁寧に解説していきます。

もくじ

連絡
1、連絡している石と連絡していない石
2、切れそうで切れない石
3、「一間に悪手なし」の一間は?
4、連絡する手が悪手?
5、連絡して良い点
6、初心者の勘違い

1、連絡している石と連絡していない石

まずこの2つの石は離れているので当然連絡していません。

次にこの石。これが連絡している石です。

石は近くにあるのですが、これは連絡していません。

良く問題で出てくる絵です。
白も黒も互いに連絡していません。次は黒番です。どこに打ちますか?

ここに打てば黒は連絡出来て、白が連絡出来なくなります。ここが正解です。

2、切れそうで切れない石

この切れそうで切れない石は、正確には連絡していませんが、囲碁を日頃からやっている人は「連絡している」と言います。
これは、相手が切ろうとしても、こちらが手を抜かずに対応すれば連絡しているからです。
いくつかの形を見ていきましょう。

まずこの形。これは石がつながる場所が2ヶ所あります。

こちらを切ろうとしたら

こちらを切ろうとしたら


どちらを切りに来ても、正しく対応したら連絡します。

次はこの形。切断する場所に相手の石がきてもその石が取れるので連絡しています。

白が切ろうとしてきても、連絡する必要はありません。


白が切ってきたらその石をこのように取ることができます。

この形の連絡出来る形です。

白がこちらから切断しようとしたら、これでOKです。

このように切断しようとしたら、これで大丈夫です。

これで一度は切断された感じになりますが、白1を取ることが出来るため連絡しています。

最後は「タケフ」です。竹の節のように見えるところから名前がつきました。

このように白が打ってきても、このように受ける必要はありません。

白3と打たれたから対処すれば良いです。

このように白が打ってきたら、このように対処します。

ちなみにこの白石は「タケフの両ノゾキ」と言って、悪手と言われています。
これは切ることが出来ない場所を2ヶ所打っているからです。

3、「一間に悪手なし」の一間は?

「一間に悪手なし」という諺があります。
悪手ではありませんが、部分的に一間の石は切断されることがあります。

次のように切られます。

もしくは、こちらです。
切られる方を黒が決めることができます。

4、連絡する手が悪手?

「連絡」は大切と言いながら、連絡する時悪手となる場合があります。
これは、「今連絡しなくても良い」「相手が切断しようとしたら対処すれば良い」という理由からです。
連絡しても、相手に響かないため、後手になります。
どのような形が悪手なのか見てみましょう。
これは「アキ三角」と呼ばれるものです。

次はこれです。どちらも今必要ではありません。

5、連絡して良い点

「連絡」するメリットは?
このように一眼ずつしかない石同士を連絡する事により、全部の石が生きます。


取られそうな石をとりあえず、外の石と連絡する事により、なんとか生きを目指します。

6、初心者の勘違い

「連絡」を覚えると「切断」も同時に覚えます。
切られることを考えると、ここは切られるから、と変に用心したりします。
白からハネられた時に

このように押さえると切られてしまう

だから押さえるの止めようと思ったりしませんか?

だけど大丈夫なんです。切られても最初のハネた石が取れるのです。

こんな形がふつうです。

押さえずに引いてしまい、次に押さえると悲惨な目にあいます。

次は勘違いではないのですが、連絡するであろう石を形だけで覚えていると、痛い目にあいます。
周りの状況によっては連絡するはずであった石がきられてしまう場合があります。
これはまだ大丈夫な状況です。

ですが、白◎と打たれたとき、手を抜いていると、白3から切られます。


手を抜かずにしっかりと連絡する事が必要です。

詰碁の基本